ニッコー・ハンセン代理店【通販ミッカル】

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


売れ筋商品

Feed

作業の安全性を確保する測定器
作業環境の安全性を確保するために、測定器は必要不可欠です。作業中における死亡事故の多発により、従来にも増して作業の安全対策が求められています。そこで測定器は、作業環境の危険要因を測定し、状況を知らせることにより、作業の安全性を向上させる役割を果たしています。測定器は、電力・石油化学・ガス・鉄鋼・食品・医薬などの幅広い産業で、広く利用されています。
 
測定器の活用場面
測定器がどのような場面で活用されているのか、こちらでご紹介します。
 
・閉塞空間での事故防止
マンホールやトンネル、井戸などの閉塞空間では、酸素濃度の低下や、有毒ガスが発生して事故に繋がる危険性があります。事故防止のためのガス検知器は、大気中に漏れている可燃性ガスや毒性ガスを検知し、その濃度を測定する器具です。固定式、携帯式があります。
 
・室内環境の安全性を確保
ビル衛生管理法における特定建築物は、空気環境の測定を2ヶ月に1度行わなければならないと決められています。環境測定器や粉じん測定器で空気を測定し、室内環境の安全性を確認します。
 
・水の性質を知るために
水質測定器や残留塩素測定器は、水の性質を知る上で重要な測定器です。川や池の水、水道水の安全確認に使用されています。臭いのもと、酸性・アルカリ性などのpH値、ミネラル分を測定出来る場合もあります。
 
測定器を選択するポイント
測定器の選択には、以下のようなポイントがあります。
・測定物の用途、形状から選ぶ
・測定物の材質、特性から選ぶ
・測定物が求める精度から選ぶ
・測定する場所の環境から選ぶ
 
最近の測定器は、高性能でありながら、使いやすく改良されています。屋外に持ち出すことも多いため、防水性能があると非常に便利です。長時間稼働の性能についても、確認しておきましょう。連続して使用出来る時間が長いものが理想的です。
 
測定器をお探しなら、当店をご利用ください。信頼と実績のある測定器を、種類豊富に取り扱っております。掲載していない商品につきましては、お気軽にお問い合わせください。